忍者ブログ
東京都江東区の歴史
[503] [504] [505] [506] [507] [508] [509] [510] [511] [512] [513]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 江東区亀戸3-6-1 (亀戸天神社)

 洋傘骨材開発者 河野寅吉の碑
不詳 洋傘骨の元祖河野寅吉氏安政5年(1858)越後國西蒲原郡大澤村に生る父は江戸に来り鍛冶を業とす君年七歳にして父を尋ね江戸に至り其家業を励む明治11年(1878)君年二十二会洋傘骨の輸入盛んなるを見て慨然悟る所あり之が政策を試み其術を得んとす欲す乃ち宇都宮に赴き刀鍛冶の雇工とんり丸骨製造應用の秘法傳習を得て而も家貧しく資力給せず是に於て横須賀造船所の職工と為る時に年二十九官其技術を愛し伍長に抜擢し切に勤続を奨む君宿志尚堅く固辞して其職を罷む復び貧に甘んじ奮て溝折受骨制作を研究する三年其製品大に世に用ひらる其得る所を挙げ資金を為し力を溝親骨製作に竭す五年を歴て始めて成る是に至り費額夥しく負債往日に倍蓯し窮迫甚し君屈せず益鋭意品質精良を究め遂に斯業今日の隆盛を致せり大正4年(1915)9月君病を冒し福島工場に赴き躬ら機械据付の事を執る病遽に掻革り是月二十四日終に起たず享年五十八配鳥海氏袖子内外を助け辛酸を嘗め婦徳を全うす徒弟露崎春吉を養子とし女梅に配し嗣と為し其業を続ぐ君性物理発明の才あり傘骨錆止塗料ニス或はテレピン油或はフレオソート等新案に係るもの尟しとせず皆敢て官の特許を受けず獨其利用を擅にせず之を世上に頒たんと欲す其平生概此の如し東京洋傘骨製造業組合諸氏君に庇頼する所多大なりと為す追慕愈深く首唱して廣く同志を集め碑を建て君の功績を紀し不朽を謀る文を予に属す嗚呼君百折不撓孜孜として懈らず身を斯殖産工業に致し殊勲を垂れ後進に益す報效を國家に竭したりと謂う可し世の一般實業に志すもの君の風を聞き亦安んぞ奮励せざる可かんや是に於てや敘す
 大正5年(1916)5月
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性