忍者ブログ
東京都江東区の歴史
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 江東区白河1-3-32

浄土宗
 道本山 東海院 霊巖寺



 松平定信は、江戸中期の陸奥白河(福島県)藩主であり、天明7年(1787)老中となりました。
 定信が行った政策は、寛政の改革といわれ、天明のうちこわし後の江戸の秩序回復に努めました。とくに七分積金の制度は、町方入用を節約させ、不時の備蓄にあてたものです。明治には、東京府の公共事業に役立ちました。
 この霊巖寺にある墓は、昭和3年(1928)に国の史跡に指定されています。




 霊巖寺には『松平定信墓』、『銅造地蔵菩薩坐像』、『勢至丸像』があります。





 
PR


所在地 江東区白河1-3-32 (霊巖寺)

東京都指定史跡
 松平定信墓
     昭和3年(1928)1月18日指定



 松平定信(1758~1829)は8代将軍徳川吉宗の孫、田安宗武の子として生まれ、陸奥白河藩主となり、白河楽翁を号していた。
 天明7年(1787)6月に老中となり寛政の改革を断行、寛政5年(1793)老中を辞している。定信は老中になると直ちに札差統制(旗本・御家人などの借金救済)・七分積立金(江戸市民の救済)などの新法を行い、幕府体制の建て直しを計った。また朱子学者でもあり、「花月草紙」「宇下の人言」「国本論」「修身録」などの著書もある。
 昭和51年(1976)3月31日 東京都教育委員会



 


所在地 江東区白河1-3-32 (霊巖寺)

法然上人御生誕850年慶賛記念
 勢至丸せいしまるさま   
  (法然上人御幼名)




 昭和58年(1983)3月 当山第43世 念譽真成代


所在地 江東区白河1-3-32 (霊巖寺)

東京都指定有形文化財(彫刻)
 銅造地蔵菩薩坐像 (江戸6地蔵の1)
     昭和45年(1970)8月3日指定



 像の高さは、2.73メートル。深川の地蔵坊正元が発願し、江戸市中から多くの賛同者を得て、江戸6地蔵の第5番として、享保2年(1717)ごろ建立されたものである。製作者は神田鍋町の鋳物師太田駿河守正儀。
 蓮台には数ヶ所湯の廻らなかったところがあり、造立銘文はこれを避けて刻まれている。また、顔や肩などには金箔が残っている。
 なお、江戸6地蔵はつぎのとおりである。

   品川寺  品川区南品川3丁目
   太宗寺  新宿区新宿2丁目
   真性寺  豊島区巣鴨3丁目
   東禅寺  台東区東浅草2丁目
   永代寺  江東区=消滅

東京都文化財保護条例(昭和51年〔1976〕3月31日改正)により、文化財の指定種別を都重宝から東京都指定有形文化財に変更しましたので、石造標識については、このように読み替えてください。
   平成19年(2007)3月1日 東京都教育委員会

 


所在地 江東区白河1-1-8

浄土宗
 雄松院



 雄松院境内には『度会園女墓』があります。

 


所在地 江東区白河1-5

  干鰮場跡
 干鰮場はいわしを乾燥したもので江戸時代から重要な肥料であった 寛永のころ関西地方の漁民が銚子付近の海岸で干鰮をつくり、江戸へ輸送するようになった 江戸の干鰮取引きははじめ中央区方面であったが元禄13年から小名木川にそった白河小学校付近に干鰮の荷揚場がおかれこれを干鰮場といった またここを銚子場ともいった 干鰮場はこのほか永代に永代場、深川2丁目に江川場があった
 昭和43年(1968)10月1日 江東区第26号


所在地 江東区白河1-1-8 (雄松院)

  度会園女墓
園女は斯波一有の妻で大坂にすみ夫妻医業を営んでいた。園女は俳句を芭蕉に学び元禄7年芭蕉が大坂にゆき園女の宅で発病し10月12日死去した。園女は夫の死後江戸に移住し富岡八幡宮前にすみ眼科医をしていた園女は富岡へ36本の桜を植え歌仙桜と称しそこが桜の名所となった。園女は享保11年(1727)4月20日死去し雄松院に葬られた。
墓石につぎの辞世の歌が記されている

 秋の月 春の曙見し空は 夢かうつつか南無阿弥陀佛

  昭和43年(1968)10月1日 江東区 第25号


所在地 江東区白河3-2-10

 白笹稲荷神社





 白笹稲荷神社には『智加良石』、『子育地蔵堂』があります。

 


所在地 江東区白河3-2-10 (白笹稲荷神社)

  子育地蔵堂
子育地蔵尊が奉安されて今年で百年になります。白河が東大工町と呼ばれておりました頃、大日本紡績事務所と女子工員寄宿舎の間の溝の中に埋っておりましたのを、故生田岩次郎氏が明治12年(1879)の夏入浴帰りに月の明りで透かして見たら、何か変なものがあるなと思い行きつ戻りつ後髪を引かれる思いで夜も寝られず三日目の夜明けを待ち現場に行き、半信半疑で引上げたのが地蔵尊なので驚き、家に持ち帰り軒先安置し、この世に出現いたしました地蔵尊であります。
初めは「生田地蔵尊と呼んでおりましたが大正の12年(1923)頃までは遠く板橋、巣鴨方面からも多くの信仰の方がお詣りに来て誰云うとなく生田地蔵尊が子育地蔵尊と呼ぶようになり、線香の絶え間なく、又一時は帽子や涎掛けが山積みになったこともあり、後、現在地に安置し今日に至りました。この由来は生田石三郎氏が子供の時、亡父 岩次郎氏から聞いた話を記す次第であります。
 昭和53年(1978)1月13日


 


所在地 江東区白河2-7-10

臨済宗妙心寺派
 冝雲寺(一蝶寺)



 冝雲寺には『中井董堂先生碑』があります。

 


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性