忍者ブログ
東京都江東区の歴史
[157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 江東区白河1-5

  干鰮場跡
 干鰮場はいわしを乾燥したもので江戸時代から重要な肥料であった 寛永のころ関西地方の漁民が銚子付近の海岸で干鰮をつくり、江戸へ輸送するようになった 江戸の干鰮取引きははじめ中央区方面であったが元禄13年から小名木川にそった白河小学校付近に干鰮の荷揚場がおかれこれを干鰮場といった またここを銚子場ともいった 干鰮場はこのほか永代に永代場、深川2丁目に江川場があった
 昭和43年(1968)10月1日 江東区第26号
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性