忍者ブログ
東京都江東区の歴史
[285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 江東区越中島2-1-6 (東京海洋大学 越中島キャンパス)

  明治丸
 本船は明治の初頭に、我国政府が英国に発注して建造した豪華な灯台視察船であった。明治6年(1873)にグラスゴー市のネピア造船所において建造が開始され明治7年(1874)11月に竣工、翌明治8年(1875)初頭に出港し同年2月、横浜港に到着した。建造当時は、2本マスとのトップスル・スクーナ型帆装鉄造汽船で総トン数1028トン、長さ73米、幅9米、機関は往復動汽機2基の双螺旋船、実馬力1530、平均速力11.5ノットを誇っていた。
 明治9年(1876)の夏、明治天皇は東北巡幸に際し、青森から本船に座乗され、函館経由7月20日無事横浜港に帰着された。「海の記念日」はこの日に因んで昭和16年(1941)に制定されたものである。当時の御座所跡は現在も残っている。爾来、本船は約20年間灯台視察船として活躍したが、明治29年(1896)7月、当時霊岸島にあった商船学校(本学の前身)の係留練習船として貸与され、その沖合(現在の永代橋下流)に係留された。翌30年(1897)11月、本校に移管された後3本マストのシップ型に改装され、明治34年(1901)12月、越中島のこの地に定係された。
 本船が商船学校の神聖な教場として活用されたのは昭和20年(1945)8月に至るまでの50年間で、この船を母なる船として巣立った海の若人の数は万余に達する。この間、明治44年(1911)および大正6年(1917)には来襲した猛台風による高潮で擱座したり、大正12年(1923)9月の関東大震災、さらに昭和20年(1945)3月の東京大空襲に遭遇するなど数々の試練や災禍に対しても、この地と共に耐えぬきその都度罹災者を収容するなど江東の人々からも信頼と敬愛を得てきた。
 終戦の年の9月、越中島の学舎と共に進駐軍に接収され、不幸にも本学の管理も出来ないままに荒廃し遂に昭和26年(1951)漏水のためポンド内に沈座するに至った。その後漸く接収が解除されるに及んで、これを引揚げ、昭和35年(1960)の本学85周年記念事業、さらに昭和50年(1975)の百周年記念事業の一環として、同窓有志や海運業界・海事諸団体等の芳志・支援によって本船復元の第一歩が踏み出された。
 明治丸は現存する唯一の鉄船(現在の船は総て鋼船である)であり、我が国造船技術史上の貴重な遺例として昭和53年(1978)5月、船としては初めて国の重要文化財に指定され、昭和55年(1980)4月から文化庁及び本学の協力により本船の保存修復及び基盤整備工事が行われ昭和63年(1988)1月に完工した。
 明治丸は、ここにその優美な姿を再現し、永久に保存されるとともに、その栄光の歴史が世々語り継がれることになった。









  繋留練習船明治丸記念碑
東京高等商船学校最後の生徒となった我々にとって忘れられぬ思い出は、昭和20年(1945)3月10日の東京大空襲の際歴史と伝統ある明治丸を守り得た事である
この度卒業55周年に当りこれを記念して碑を建て後世に残すものである
 平成12年(2000)9月25日
 東京高等商船学校航海科125期
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性