忍者ブログ
東京都江東区の歴史
[240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 江東区亀戸3-57-22 (亀戸香取神社)

  天祖神社(入神明宮)
 一、御祭神
天照大御神(伊勢神宮の御宮内)
 一、例祭日
9月15日
 一、御由緒
昭和63年(1988)の香取神社改築に伴い移転され境内神社として祀られるようになった。

当神社の創立は江東宮内では最も古く口伝によるとこの地が四辺海に囲まれていた頃漁船がしばしば風浪の危難に会う毎に伊勢の大神を祈念すると災害を免かれたという事で太平榎塚に小祠を営み鎮祭されたという。江戸名所図絵に書かれている神明宮は当社である。
尚境内から多量の硾が出土(明治40年〔1907〕)し考古学的にも有益な資料とみることができる。現在香取神社にて保管。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性