忍者ブログ
東京都江東区の歴史
[405] [406] [407] [408] [409] [410] [411] [412] [413] [414] [415]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 江東区深川2-16-27 (陽岳寺)

 観嵩月墓
 江戸中期の画家観嵩月は名を常雄といい、宗行子蓑虫庵、景訥と号していた。彼は深川六軒堀(江東区深川常盤町)の材木商筑島屋坂本米舟の子として生まれ、英一蝶の門人高嵩谷の弟子となって幾多の名作を残している。父の坂本米舟は芸術に深い理解を有した。緒方乾山は余生を彼の家で過したという。
 観崇月は父の精神に影響されて画家となり、名を成したが、枯れの作品例としては豊島区雑司ヶ谷鬼子母神堂の「狂言末広狩」の扁額が現存している。天保元年(1830)11月20日、年72で死去した。
 昭和43年(1968)3月1日建設 東京都教育委員会


PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性