忍者ブログ
東京都江東区の歴史
[200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 江東区亀戸4-35-12 (宝蓮寺)

  正木ひろし墓碑
 弁護士、正木ひろし(旲)は、1896年(明治29年)9月29日、東京・本所で義氵旲よしきよの二男として生まれる。1923年(大正12年)東京大学法学部を卒業。中学の英語、美術の教師、雑誌記者を経て弁護士を開業。反権力、正義の弁護士として多くの冤罪事件を手がけ、日本のペリーメイスンといわれた。主な事件は、チャタレー裁判、菅生、首なし、丸正事件などで、八海事件は「真昼の暗黒」の題名で映画化された。
 また、戦時中は月刊誌「近きより」を個人で発行して反戦、反軍国主義の論陣をはり、多くの著書も残した。熱烈な無教会派のキリスト徒で、美術を愛し画家になることが「生来」の夢だった。1975年(昭和50年)没79歳。当寺は正木家の菩提寺。墓碑の「正木ひろし」は直筆で、墓石は岩手県の橋本八百二画伯から寄贈された紅石である。
 正木ひろし先生没後20周年記念事業の一環として、ここに建立する。
 1995年(平成7年)1月
 施主
広島市 朝川広男  和光市 菊地清孝  同 菊地文代
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性