忍者ブログ
東京都江東区の歴史
[113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 江東区富岡2-4

三十三間堂は、南北66間(約118.8m) 東西4間(約7.2m) 四面廻り緑の堂でした。
下の矢の絵は1間(約1.8m)の長さを表しています。(一般的な矢の長さは、左手を真横に上げ、指を伸ばし、のどより中指先までの長さに、約5~10cmを加えた長さです。)



三十三間堂は京都の三十三間堂に模して寛永19年(1642)浅草に創建され焼失後元禄11年(1698)富岡八幡宮の東隣に再建されたが明治5年(1872)廃され堂の遺物は深川2丁目正覚寺に移された當時ここにおいて弓術の練習と競技が行われたことは有名であった
 昭和33年(1958)10月1日 江東区第2号

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性